XcodeでiPhoneアプリのプロジェクト作成

新規プロジェクト作成.md—/Users/matsunaga/Desktop/file/Xcode/新規プロジェクト作成

こんにちは。ぽにです。

今日は、iOSアプリ(iPhone、iPad)作成の基本、 新規プロジェクトの作成方法を紹介します。
まずはXcodeを立ち上げます。
立ち上がったところでCreate a new Xcode projectをクリックします。
Xcode1.png 様々なプロジェクトの種類を選ぶことができます。
一番シンプルなSingle View Applicationを選びます。
Xcode2.png Product Name にはこれから作成するアプリケーションの名前を入れます。
Organization Name には自身の所属する組織や名前を入れます。
Organization Identifier にはアプリをリリースする際に他のアプリと被らないようにする必要があります。
通常はドメインを逆から書くのが一般的となります。
私のドメインはponi.jpとなるため、ここではjp.poniと入れています。
サンプルアプリの作成であれば、test.sampleなどと入れましょう。
Language にはSwift か Objective-Cを選択できますが、特に決めてないのであれば、新しいSwiftを選びましょう。 Devices にはどのiPhone や iPad などのどの端末向けに作成するかを選べます。
Xcode3.png プロジェクトファイルをどこに置くかを指定します。
Source Control はソースコードをバージョン管理するかを選べます。
Xcode4.png これでプロジェクトが作成できました。
まだ何も実装していませんが実際に動かしてみましょう。
左上のスタートボタンをクリックするとエミュレーターが起動します。
Xcode5.png 無事、起動しましたがまだ何もしていないので真っ白です。
Xcode6.png
Shift + command + H でホームボタンでホーム画面に戻れます。
アイコンはありませんが、SampleApp01が追加されていますね。
Xcode7.png
Xcode を再度立ち上げるとこちらにもSampleApp01が追加されていますね。
次からはここをクリックしてプロジェクトを開きます。

Xcode8.png

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック